スポンサーリンク

理想のチームは勝てるチーム?

漫画スラムダンクの豊玉高校ってあるじゃないですか。ラン&ガンで攻撃的なチームを作った前監督だけど、全国大会では勝てずに監督が交代。後から来た監督がラン&ガンを捨てて守備を重視したチームを作ろうとして、なんちゃらかんちゃらってやつ。

バスケットの事はよく分からないけど、攻撃的なチームの試合は、どんどん点が入って観ている方も面白いだろうし、やっている選手だってたくさん点が取れて遣り甲斐があるのでしょう。でも、やっぱり高いレベルになると総合的な力が必要だから、守備も攻撃もバランスよくできるチームが勝つということなんでしょうね。

少年野球も似たところがあります。もしも、圧倒的な打撃力で点を取られてもそれ以上に取り返し、相手をねじ伏せて勝つチームが作れたら毎回試合を観るのがどんなに楽しいだろうと思います。でも、実際はなかなか難しい。バッティングは水物で、調子の波に左右されやすいし、そもそも野球はピッチャーが有利なスポーツなので、相手がいいピッチャーだったりすると、いいバッターでもそう簡単に打てなくなります。攻撃力を重視したチームが高いレベルで勝ち続けるのはかなり難しいと思います。

ということで、勝てるチームを作ることを優先とした場合、先ず点を取られないことから取り組むことになります。コントロールがよく大崩れしない投手。普通のゴロやフライであれば、普通にアウトにできる守備力。ここまで鍛えるのが勝つためには最低限必要になると思います。続いてバント、走塁などの機動力、そして最後に攻撃力の順番に強化して、総合力を高め、勝てるチームを作っていくことになります。

スポンサーリンク

息子のチームの場合、冬場の練習を通じて、守備力は普通に戦えるくらいに育ったので、今は機動力を強化中。理想を言えば、低学年のうちにもっと鍛えておくべきだった基本的な走塁技術を練習しています。新しく教えなくてはならないことがたくさんありますが、今まで知らなかった分、チームとしての走塁技術は急激に高まっています。例えば週末の試合では、キャッチャーの動きと投球の球筋を見て、事前にワンバウンド捕球になると判断し、すかさず盗塁を決めたシーンがありました。相手のミスに付けこむ嫌らしい走塁が徐々に身に付いてきました。
2015-03-14 08.21.02

週末の試合

週末の試合結果は土曜、日曜の二日間で4試合で・・・
3-3 引分
8-0 勝ち
7-4 勝ち
15-0 勝ち でした。
四球絡みで簡単に失点してしまうシーンも目立ちますが、それでもそつの無い野球が出来るようになりつつあります。
息子は体調不良だったり、補欠だったりで4試合中、1試合も出場しませんでしたが、チームが成長してきたのでそれでもいいかな(笑)

30000スウィング現在の達成度

残り160回ですが、体調不良の為しばらくお休み。明日くらいに達成できるかな?
29840/30000(99.5%)


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ