スポンサーリンク

父会で近況報告

こんにちは!
元少年野球コーチNです。

昨日は、息子が小学生時代のチームメイトの父会でした。
16:00とまだ明るいうちから飲み始め、ビールから焼酎へ。
最後はホッピーでしめて終了時間は23:00。
多少、二日酔いです。

このメンバーが集まると当然話題は子供たちのこと。
硬式クラブ、軟式クラブ、野球部、そして他のスポーツと、子供たちがそれぞれに進んだ環境について近況報告しました。

ボクは主に野球部がどんな感じなのかを報告。
どんな話をしたのかと言いますと・・・。

中学の練習を手伝って気付いたこと

と、その前に。

実は先日、野球部の練習の手伝いに行ってノックを手伝ったり、ちょろっと教えたりしたんですね。
これがクラブチームだと、保護者は指導について一切何も言ってはいけないというルールがあるらしく、父親がやることと言えば、審判、グラウンド整備、送り迎えくらいです。
ボクみたいに練習を手伝ったり、ちょっとアドバイスするなんてことはあり得ないので、ありがたい環境です。

スポンサーリンク

で、手伝ってみて知ったのが、子供たちが野球について何にも教わっていないこと。
野球に関する知識が圧倒的に無いんです。

例えばその時ボクは二塁ランナーのリードの位置について教えました。



ノーアウト、または、ワンアウトの時。
二塁ランナーは、二塁と三塁の直線上にリードします。

なぜかと言うと、ノーアウト、ワンアウトではランナーを三塁に進めたいからですね。
なので、三塁までの距離が一番短い直線上にリード。

ツーアウトの時は、二塁ランナーは外側にふくらんだ場所にリードします。
ツーアウトではヒット一本でホームまで帰ってきたいからですね。
三塁を回ってホームに直線的に帰ってこられるように、やや膨らんだ位置にリードします。



少年野球のコーチ時代に、子供たちに教えていたのと同じことです。
ちゃんと教えれば、小学生でも試合中にやっていたことでした。

中学生なら知っているだろうと話してみたら全然知らなかったです・・・。
他にも第二リードのやり方も知らないようで、チームとしての決まりもありませんでした。
この子たちは、あまり教えてもらってないんだなと思いました。

中学野球ではどのチームも教えない?

で、話は昨日の父会に戻ります。

「部活では選手は何にも教わっていないみたい。」とそんな話をしたのですが、結構強豪と呼ばれるボーイズとかシニアでも同じような状況だそうです。
打力重視とか、守備力重視とかそれぞれのチームごとにチームカラーはあるけど、選手に教えることはあまりないとか。

そんなレベルの高いチームの指導者が野球を知らないということはあり得ないので、あえてそうしてるのでしょうか?
確かに、運動神経がよくて身体能力の高い選手が集まるクラブチームでは、選手に任せてどんどん打たせて守らせれば勝手に上手くなっていくのかもしれません。

でも部活ではそうはいかないです。
今や、中学野球部に入ってくるのは、野球はやりたいけどクラブチームのような高いレベルでやっていく自信がない子です。
要はどこにでもいる普通の子供がほとんどなんですね。

普通の子たちに野球の動きの基礎を教えて、勝つ楽しさを教えて、野球をもっと好きになってもらう。
ボクはそこに指導者としての醍醐味があると思ってしまいます。