スポンサーリンク

雨模様の週末

週末になると天気が悪くなる法則で、先週末も雨。YBBLの準々決勝の予定でしたが、あっさりと中止になりました。
日曜日の午後になりようやく雨もあがり、5年生以下新人メンバーを対象に練習試合を行いました。

二試合やって二連勝。この時期、うちのチームも相手のチームも技術的にまだまだでミスの多い試合でした。お互いこれからという感じ。

息子は二試合出してもらって3打数2安打1打点。
他にもフォアボールとかエラーとか、なんやかんやと出塁。

今年の2月から3月頃は全く打てなくて、数か月ヒット無しなんてこともありました。
あの頃に比べれば打てるようになりました。

外角球を流し打つ

一打席目はレフト線へのツーベース。
二打席目はライト前に弾き返したヒットでした。

家に帰ってライト前ヒットの事を息子に聞いたら、セカンドがランナーの牽制で二塁ベースにべったりとくっついていたことを確認していたので、大きく空いていた一二塁間を狙って打ったそうです。それもピッチャーが外角を中心に投げていたのでヤマを張っていたとか・・・。

なんだか半信半疑ですが、もしも本人の言うとおりならスゴイ進歩です。

この前も同じことを書きましたが、少年野球のピッチャーが投げるボールのほとんどが外角球です。そして、外角球をうまく打てる選手はあまりいません。もちろん息子もそうです。
息子の凡打を観察していると、外角球を引っ掛けてサードゴロが非常に多いのです。要はどのコースも同じタイミングでバットを振ってしまうからです。こうなると、いい当たりをするかどうかは全て運任せ。スウィングの度に、毎回くじ引きをしているようなものです。

スポンサーリンク

この状態をなんとかして、コース別に打ち分けられるようにしようと、先ずはヒッティングポイントの確認を行い、その後ティバッティングで外角を逆らわずにセンターから右に打つ練習を数か月前からやってます。まだ身体がお子様なのでスウィングが安定せずにフラフラしてますが、打ち方がなんとなくサマになってきたと思っていた矢先のことだったので、ちょっと嬉しかったです。
20151118

繰り返し練習すれば、息子の様な飛び抜けの運動音痴でも少しはできるようになる・・・のかも知れません。
これから身体が少しずつ大きくなっていくと今まで難しかったプレーが簡単にできるようになるでしょう。
それまでに色々な引き出しを息子に作ってあげられたらいいと思います。



にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ