スポンサーリンク


3年生の最大の目標である横浜市大会は三回戦負けで終わり、今日は卒業大会でもある区民大会でした。


この大会が終われば、息子は中学野球を引退することになります。


連打で1点をリードされて迎えた6回表。息子の第3打席のことでした。


ワンストライクからの二球目を打った打球は、高く打ち上げられ、きれいな放物線を描いて飛んでいきます。中学生になってからコツコツと練習を続けてきた理想通りの弾道でした。


5秒ほどの滞空時間の後、グラウンドが一瞬静寂に包まれ、そして「ガシャン!」という音が。


このグラウンドのルールでは、校舎の3階より上に当たるとホームランですが、見事時計の左上のフェンスに直撃する同点ホームランでした!


これまで、このグラウンドで何試合も見てきましたが、実際にホームランを見たことはありませんでした。ホームランにするには飛距離が90Mくらい必要です。身体のできていない中学生が、そこまで飛ばすのはなかなか難しいですよね。しかも身長が160cmちょっとで、15歳の平均身長よりずっと小さい息子が、そこまで飛ばしたのですから大したもんです。飛距離はパワーだけじゃないんだと改めて思いました。

スポンサーリンク



グルグルと手を回しホームランのコールをする審判に気づかず、一塁でモタモタしているのが息子らしいところww


応援に来てくれた大勢の人の拍手を受けながら、ダイヤモンドをゆっくりと一周する息子を見ていたら、褒めたり、おだてたり、時には怒ったりしながら、ずっと一緒に練習してきたことを思い出してジーンとしてしまいました。


ナイスバッティング! よかったね。おめでとう!


結局、試合には負けてしまいチーム3位に終わりました。これで中学野球は終わりです。少年野球時代とは違って、あまりよい成績は残せなかったのですが、最後に自信につながるような結果が出てよかったと思います。


これから先、高校でも野球を続けて欲しいですが、さてどうなるでしょう・・・。