スポンサーリンク




ロングティの飛距離が伸びました

中二になった息子は、夏休みの真っ最中。
野球部の練習はお盆休みだとかいって、1週間なにもせずにダラダラ過ごしています。
「弱いんだから練習しろよ。」と言うと、顧問の先生にも休みが必要だからとか言ってます。


いや、休みたいの自分だろ。


ということで、ボクが教えている小学生のチームの練習に連れてきました。
息子は、相変わらず全体的にピリっとしませんが(苦笑)、それでもバッティングは変わってきているようです。


ロングティをさせましたが、今までよりも飛距離が伸びてます。
中学生になったんだから、そりゃそうですが、でも伸びてます。


ボールも上がるようになりました。
小学生の時の打ち方だと、なかなかボールがあがらなかったのですが、打ち方を変えて、かなり高い弾道の打球になりました。
フライボールレボリューションです(笑)

グリップが落ちるのが修正点

中学に入り、打ち方を変えるために、宮川理論に取り組みました。
始めて一年以上経ってます。


先日のレッスンでは、基本的な動きは結構身に付けてきたとコーチに言われました。
ここからは、実際にボールを打ち込むことや、試合での再現性が必要と言われています。


今の課題は、インパクト前にグリップが落ちてしまうこと。
実は、宮川理論をやっている子供たちは陥りやすい点です。


これだと空振りやファールチップが多くなってしまいます。
息子も修正ドリルに取り組んでいますが、なかなか直りません。
引き続き練習です。


あとは、もう少し飯をモリモリ食べて、身体をデカくして欲しいと思ってますが、小食です。
小人かっ!