スポンサーリンク

うちの息子の運動音痴は筋金入りです。

逆上がりはもちろん。
逆上がりができない

ブランコだって漕げません。
ブランコが漕げない
ブランコが漕げないと聞いたときは、一体どうしてそんなことが起きるのかと不思議に思いましたが、見てみたらホントに漕げませんでした。

スポンサーリンク

縄跳びも大の苦手です。

そもそも連続してジャンプすることが出来ないし、「ジャンプする」と「縄を回す」を同時に出来ないのです。その結果、かなりのオーバーアクションでジャンプし、縄を回し、一回ずつ縄を跨ぐことになります。

ギクシャクとした世にも不思議な縄跳び 縄跨ぎの完成です。

そんな運動音痴な息子ですが、大好きな野球を上手くなりたいと毎日練習しています。
上達の歩みは遅いですが、運動神経の良い子供と練習するのとはまた別の楽しみをボクに与えてくれています。

■本日の朝練メニュー

  • 巧緻性のトレーニング(スキップ、サイドステップなど)
  • キャッチボール(正面投げ、真下投げ、体重移動、通常、遠投)
  • ノック
  • ペッパー
  • バント練習


  • 野球だけじゃなく、運動神経そのものがよくなるように(その事を願って)巧緻性のトレーニングをしています。
    サイドステップとか見てられません(笑)。でも「いいよー最高~!」とか煽てながらやってます。

    キャッチボールはバリエーション練習をしばらく継続する予定。
    今日はティバッティングじゃなくて、ペッパーとバント練習。

    バットコントロールが上手くなって、だいぶペッパーらしくなってきました。
    バントのフォームは相変わらず不細工ですが、転がすのは上手くなってます。

    筋金入りの運動音痴が、野球の練習を続けるとどうなるのか息子を実験台に実験中です。
    今までに分かったのは、ずっと続けていることに関しては、それなりに上達するってことです(笑)



    少年野球 ブログランキングへ

    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村