スポンサーリンク

■父親の役割と母親の役割

昨日のこと。
チームのお母さんに、朝練の練習メニューを聞かれました。
何かと思ったら、自分の子供と一緒に朝練やるつもりとのことでした。

去年の秋ごろに、ボクと息子が毎日朝練をやっていると聞き朝練を始めたけど、一週間で挫折したとか(笑)
でも、今度は頑張ろうと再開したみたいです。

お母さんが一緒にやってくれるなんてすごいです。
でも、朝食の準備とかどうするんですかね・・・。
一緒に練習するのはお父さんの仕事だろー、と思いますけど、そこんちのお父さんはあんまり協力的ではないとか。

練習も家事もお母さんがやらなきゃならないとかなり大変ですよね。
大変過ぎてまた挫折しないといいですが。

うちの嫁さんは練習こそ手伝いませんが、朝練から戻れば朝食が準備してあるし、土日の練習も朝早くからお弁当を準備してくれます。ボクと息子が家の中でドタバタ練習していても一言も文句を言いません。

ボクは自分が野球をやるのが楽しくて、息子と練習しているので、半分遊んでいるようなものです。

嫁さんにとっては、楽しさよりも大変さの方が大きいと思うのですが、それでもバックアップしてくれます。
この協力があるからこそ野球が出来るわけで、とてもありがたいことです。
日の出が早くなりました

スポンサーリンク

■朝練を続けるには

息子と朝練をやっている公園では、ボク達の他にも朝練をしている人に会います。

子供たちだけで来ているグループも見ますが、あまり続かないようで直に来なくなります。
毎日、毎日来てるのは、ボク達の他にもう一組の父子。

ボク達が朝練をやり始めて5か月ほどたちますが、ほぼ毎朝会ってます。
少ないサンプル数ですが、父と子の組み合わせでないと朝練は続かないようです。

小中学生の子供にとって、自主的に朝早く起き、毎日練習をし続けるのは相当大変なんでしょう。
やっぱり親の後押しがあって、可能になるのだと思います。

うちの息子だって、「野球が好きだ!」「うまくなりたい!」「負けて悔しい」なんて言ってたって、こっちが起こさず放っておけばずっと寝てますから。

つまり、朝練が続くかどうかは、ほぼ父親に掛かっているということです。
子供のせいじゃないですよ。

■本日の朝練メニュー

  • 巧緻性のトレーニング(スキップ、サイドステップなど)
  • キャッチボール(正面投げ、真下投げ、体重移動、通常、遠投)
  • ノック
  • フリーバッティング


  • 今日はティバッティングではなく、ちょっと距離を取って上から投げ、フリーバッティングをしました。
    あんまりごちゃごちゃ言わずに思いっきりバットを振らせたら楽しかったみたいです。

    ヒット性の当たりは半分以下。4分の1位。
    打ちやすいボールを投げているのだから、もう少し確率を上げたいですね。

    でも楽しいのが一番かな。



    少年野球 ブログランキングへ

    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村