スポンサーリンク

冬の寒さも峠を越したのか、昨日、今日とさほど寒くない。
いつもはたくさん着込んで練習しているが汗をかくくらい。

本日の朝練メニュー

  • キャッチボール(10M、塁間ワンバウンド)
  • 手で転がしたゴロを取る練習
  • 内野ノック
  • ティバッティング
  • メニューはいつも通り。
    ティバッティングは力を抜いてスイングして、インパクトに力を込めて振ってみる。
    なかなか調子が良さそうでした。

    昨日Facebookで回ってきた投稿が面白かった。
    武井荘がテレビでスポーツが上手になるコツを語っていたんだけど、それがすごく説得力があった。

    頭で感じていることを正確に身体で表現できれば、スポーツは上手くなる。
    それには、手を平行に広げるような簡単な動作を、目を閉じて正確にできるようになればいい。
    そういう練習を積むと、ひとつのスポーツだけでなく、どんなスポーツも早くうまくなることができる。

    簡単に言うと、そんな内容だった。

    ボールを投げるのがヘタクソな子に、肘を上げるとか、踏みだしをまっすぐとか言っても、なかなかその通りには出来ない。
    言葉の意味は理解していても、体をどう動かせばいいのか分からないのだと思う。

    それでも、何度も繰り返すことでなんとなくそれっぽい動作になってくる。
    だけど、それは応用力の無い動きなので他のスポーツに転用できない。

    身体を動かす基本の基本。
    見えない場所を正確に動かす。

    スポンサーリンク

    こんな練習もしてみよう。
    息子みたいに運動の苦手な鈍臭い子には、余計こういうことが大切なんだなと思う。
    a3f15672-s


    少年野球 ブログランキングへ